認知症対応共同生活介護(グループホーム)とは

認知症の方が家庭的な環境の下で入浴、排泄、食事等の介護、その他の日常生活上のお世話及び機能訓練を行うことにより、利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができる共同生活住居です。

グループホーム 夕陽が丘のご案内

グループホーム 夕陽が丘は、少人数(最大9人)の高齢者が専門の介護者であるヘルパーのケアを受けながら、家庭的な雰囲気のなかで1日を通して食事と団らんを行う施設です。
また、夕陽が丘では「大家族を作ろう!」をテーマに入居者の方の信頼できる家族になれるよう頑張っています。
詳しくはこちら

グループホーム街の夕陽が丘のご案内

街の夕陽が丘は市街地にあり利便性もいいので職員と一緒に買い物や散歩に出かけ繁華街の雰囲気を楽しんだり四季折々の長崎伝統行事も身近な感じることが出来ます。
街の夕陽が丘で暮らすすべてのメンバーがひとつの家族のように一緒に笑い一緒に喜び楽しい毎日を過ごしています。
詳しくはこちら

グループホーム中川のより道のご案内

中川のより道は、路面電車の終点である蛍茶屋電停そば、下町風情の残る中川町に位置します。
遠く明治時代には『カルルス』と呼ばれる桜の名所で有名だった歴史ある地域で、諏訪神社や新大工商店街の賑やかさを感じる事のできる好立地です。
ホームでは、日頃から近隣住民の皆様から様々な面でご協力を頂き、地域に溶け込んで生活を送っています。
詳しくはこちら