グループホーム 夕陽が丘のご案内

グループホームとは認知症の方が家庭的な環境の下で入浴、排泄、食事等の介護その他の日常生活上の世話及び機能訓練を行うことにより利用者がその有する能力に応じ自立した日常生活を営むことができる共同生活住居です。

グループホーム 夕陽が丘は、少人数(最大9人)の高齢者が専門の介護者であるヘルパーのケアを受けながら、家庭的な雰囲気のなかで1日を通して食事と団らんを行う施設です。
また、夕陽が丘では「大家族を作ろう!」をテーマに入居者の方の信頼できる家族になれるよう頑張っています。

ご利用いただける方

少人数による共同生活を営むことに支障がない方
長崎市に住民票があり要支援2~要介護5の認定を受けている認知症の方
常時医療機関において治療する必要がない方

空室状況

【入居定員】 9名 全室個室
2019年7月6日

1名空き

料金表

料金表はこちら

施設パンフレット

施設パンフレットはこちら

家庭的な雰囲気

例えばご自分の趣味をしていただくなど、利用者の方がご入居以前に過ごしてきたご家庭での生活を送っていただけるよう、個人のペースに合わせた環境作りを目指しています。
また、居室は全て個室となっており、お部屋も利用者の方の生活スタイルに合わせて、くつろげる自室としてコーディネートしていただけます。

サービス内容

食事、掃除等、日常生活で行っているすべての動作を生活リハビリといいます。
この生活リハビリを利用者の方に積極的に行っていただくことで、心身の自立意識を高めていただき、認知症の進行の緩和を目指します。もちろん、利用者の方が出来ないことにつきましては、お一人お一人の状態に合わせて介護スタッフがお手伝いをいたします。
グループホームでの生活は、認知症の症状の進行を緩和するためにも、普段の生活をいつもどおりに行っていただくことを基本としております。
ご入居者の方同士、そして介護スタッフとの和気あいあいとした生活の中で、「必要なときに必要な介護支援」を受けられることが、グループホームサービスの特徴です。

施設内観

事業所

長崎市大浜町543-5
095-865-2224

総合お問合せ

お気軽にお問い合わせください。095-840-4000受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ